So-net無料ブログ作成

2月1日(火) 2011年春闘をめぐる情勢と課題―労働組合運動に求められているもの(上) [論攷]

〔以下の論攷は、全農協労連『労農のなかま』2011年1月号に掲載されたものです。長いので、上と下に分けてアップさせていただきます。なお、雑誌では掲載されている図表は省略してあります。〕

日本政治の機能不全と菅政権の漂流

 民主党政権になって、良かったことが一つあります。それは、「民主党では駄目だ」ということを、改めて詳しく説明する必要がなくなったことです。
 そう言いたくなるような、民主党政権の体たらくです。とりわけ、菅政権になってからが酷い。何をやろうとしているのか、何を目指して、どこに行こうとしているのか。皆目、見えてきません。
 内容のない「空き缶首相だ」という声が上がるのも当然でしょう。伸子夫人は、『あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの』という本を書きましたが、この書名は、今では洒落では済まなくなりました。日本国民すべてが、そう問いたい気持ちなのではないでしょうか。
 何よりも許せないのは、政権交代を実現したマニフェストを投げ捨て、裏切りの連続だということです。民主党は綱領を持たない珍しい政党ですが、それに代わるものがマニフェストでした。したがって、それには単なる選挙公約以上の重みがあったはずです。
 しかも、〇九年の総選挙では、政権交代に結びつくだけの多数の支持を集めました。有権者が支持したのは、このマニフェストを信用したからでしょう。そのために民主党は、権力を獲得することができました。それを破るというのは、嘘をついて権力を簒奪したというに等しいもので、決して許されることではありません。
 それだけではなく、マニフェストで約束していなかった重要政策の転換や実行に手を出そうとしています。消費税の増税、防衛計画の大綱の見直し、抑止力論への拘泥、ベトナムへの原発の売り込み、企業・団体献金の再開、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加問題など、マニフェストでは全く触れられていませんでした。
 自民党政権でさえ実行をためらったであろう政策転換を、民主党政権が行おうとしているのです。あの政権交代は、いったい何だったのでしょうか。「政権交代」ではなく、「政権後退」ではなかったのか、と言いたくなります。
 政策を変え、日本の進路を変更して、前に進むためではなかったのでしょうか。その期待と希望を託された民主党です。これほどの裏切りを、いったい誰が予想できたでしょうか。菅首相はとっととその座を去り、もう一度、頭を丸めて贖罪のお遍路にでも出かけるべきでしょう。

「ねじれ国会」による限界と制約

 一〇年秋の臨時国会が始まるとき、菅首相は事態を見くびっていたのかもしれません。「熟議国会」を提唱すれば、事態を打開できるかもしれないと。視線の先にあったのは、恐らく公明党だったでしょう。
 しかし、衆参の両院で多数派が異なる「ねじれ国会」の現実は甘くありませんでした。政権を取り巻く内外の環境も厳しさを増しました。政治とカネの問題、景気の低迷、財政の悪化と財源の制約、検察不祥事による行政への信頼低下、尖閣沖中国漁船衝突問題とビデオ映像の流出、閣僚の失言と国会の停滞、北朝鮮の核問題と韓国の延坪島砲撃などなど、次々と押し寄せる難題に菅内閣は右往左往するばかりで、有効な手を打つことができませんでした。
 内閣支持率が下がり続けるのも当然でしょう。そのために、公明党の腰も引けることになります。当初、部分連合に色気を示していた公明党は、あまりの評判の悪さにあきれ、次第に距離を取り始めました。孤立した菅内閣は、補正予算案は何とか成立させたものの、懸案だった郵政改革法案や労働者派遣法改正案の成立に、道筋を付けることさえできなかったのです。
 臨時国会が終わり、ようやく菅首相は事態の容易ならざることに気がついたのかもしれません。社会民主党に働きかけ、ヨリを戻そうとしています。こうして衆院で再可決可能な三分の二の議席を確保しようというわけですが、それが功を奏するかどうかは分かりません。
 しかし、はっきりしていることは、「ねじれ国会」の限界と制約は、菅首相が予想していたよりもずっと大きかったということです。臨時国会に提出された法案のうち、成立したのはわずか三八%にすぎず、内閣の屋台骨であった仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国交相に対する問責決議が成立してしまいました。
 自民党は、この二人が出席する国会審議には応じられないとしています。一月から始まる通常国会がどうなるかは分かりません。こうして、菅内閣の頭上には暗雲が立ちこめたまま、年を越すことになったのです。

不透明感を増す景気と雇用

 暗雲が立ちこめているのは、菅内閣だけではありません。日本経済の行く末や景気動向、国民の労働と生活も不安に満ちたものになっています。リーマンショックの後、奈落に落ちた世界と日本の経済は一定の回復を示してきましたが、今後については不透明なままです。
 第一に、労働者の賃金と収入が下がり続けています。〇九年には前年より二三万円(五・五%)減少したという報道もありました(国税庁「民間給与統計実態調査」)。九〇年代後半以降、OECD諸国内で賃金が伸びていないのは日本だけです。
 年収二〇〇万円以下のワーキングプアは、国税庁の〇九年民間給与実態統計調査では約一〇一〇〇万人で、給与所得者約四五〇〇万人の二四・五%と、約四分の一弱になりました。家計消費支出は九七年をピークに、その後減少し続けています。
 第二に、雇用状況も依然として好転せず、深刻なままです。一〇月の完全失業率は五・一%で、前月に比べて〇・一ポイントの悪化となりました。この間、失業率は五%台で高止まりしたままです。しかも、一年以上の長期失業者が三九・一%と四割近くを占め、長期化しています。
 新卒者の就職状況も最悪です。高校新卒の就職内定率は四〇・六%、大学新卒の就職内定率は五七・六%と最低で、氷河期といわれた〇三年を下回る超氷河期と言われています。非正規労働者は増え続け、九七年から〇九年までに非正規労働者は五五一万人増加したのに正規労働者は四六三万人の減少となっています。
 第三に、一方での貧困と格差の拡大、他方での富の蓄積によって、格差が拡大し続けています。GDP伸び率は一九九七~二〇〇七年で0・四%増でしかありません。ほとんど増えていないと言うことです。家計消費や民間住宅はマイナスで、二〇〇九年製造業の事業所数は前年比七・一%減で、一九五〇年以降、最大の減少率となっています。
 他方で、大企業の業績は好転し、金持ちは資産を増やしています。二〇一〇年第2四半期上場企業の中間配当は前年同期比一八%増の二兆円強になっています。一億円以上の報酬を得ている会社役員は二八〇人で、最高がゴーン社長の八億九〇〇〇万円、日本人での最高は大日本印刷の北島社長で、七億八七〇〇万円も稼いでいます。
 ちなみに、株式配当による収入も莫大なものになっています。任天堂山内相談役の〇七年の配当は九八億円だといいますから驚きです。もし、累進税率が最高で株主減税がなかった七四年なら税金は九一億円だったはずですが、〇七年の場合には一〇億円にすぎませんでした。七四年なら国庫に入ったはずの八一億円が、個人の資産になってしまったのです。財源が不足するのは、当たり前でしょう。

深刻化する経済不況と国民生活の悪化

 このように深刻化する経済不況と国民生活の悪化を防ぐために、どうしたらよいのでしょうか。どのようにして、現在の景気の停滞や雇用の悪化を食い止めるべきなのでしょうか。
 厳しい経済状況を抜け出すためには景気回復が不可欠です。しかし、現在の日本は物価の下落が続き、消費者物価指数が二〇ヵ月連続でマイナスとなるなど、深刻なデフレ状態に陥っています。なかでも深刻なのは賃金の低下であり、購買力の衰退です。
 販売不振→製品価格の引き下げ→収益の減少→賃金の引き下げ→購買力の低下→販売不振という「負のサイクル」が生じています。これがデフレ・スパイラルです。この連鎖をどこかで断ち切らなければなりません。その重要な手だての一つが、可処分所得の増大であり、働く人々が使えるお金を増やし、安心して使えるようにすることです。
 そのためには、第一に収入を増やさなければなりません。賃金を引き上げることです。二〇〇二年から〇七年までの戦後最長の景気回復期においても賃金は上がらず、収入はほとんど増えませんでした。賞与を含む年間給与は平均で九八年から〇八年にかけて三二・五万円も減少しています。
 いざなぎ景気を上回る戦後最長の好況期にも、賃金は上がりませんでした。現在のような景気停滞期にも上がらないというのであれば、賃金はいったい、いつ、上がるのでしょうか。
 第二に、支出を減らさなければなりません。負担を軽減することです。収入のうち、税金や社会保障などの公的負担をまかなうための支出があります。これが増えれば、当然使えるお金は減ってしまいます。逆に、この負担が減れば可処分所得は増えます。
 国民所得に占める租税と社会保障の割合である国民負担率は、〇三年の三六・三%から増え続け、〇八年には四〇・一%になっています。これを引き下げなければなりません。そのために必要なことは消費税率という大衆課税によって負担を増やすことではなく、家計を直接支援することであり、税金を減らすことなのです。
 第三に、将来への不安感をなくさなければなりません。将来、どうなるか分からないということでは、お金を使いたくても使えません。年金がもらえないかもしれない、介護や医療保障がどうなるか不安だということになれば、自己防衛に走るのは当然でしょう。
 しかも、二人以上の労働者世帯の二二・三%には貯金がありません。たとえ貯金があっても、将来の支出が予想されるのであれば、それに備えて使わずにおくことになります。いくら所得があっても使うことができなければ、「可処分」とは言えません。

今こそ、歴史の教訓に学ぶべき

 これらの三つの条件を満足させることが、景気回復のカギです。使えるお金を増やし、国内需要を拡大することです。このことは、戦後日本の経済成長についての歴史の教訓からも明らかです。
 戦後の日本は、一九五〇年代中葉から七〇年代前半にかけて、高度経済成長を達成しました。それは、対外輸出の増加によるものだと考えられがちですが、同時に堅調な内需に支えられていたことも見逃してはなりません。高度経済成長の背景には、国民所得の増大による国内市場の拡大があったのです。
 その基礎的な条件となったのは、財閥の解体、労働改革、農地改革などの戦後改革による民主化措置でした。これらがあったからこそ、近代的な企業経営と労使関係の確立、労働意欲の向上と生産性の増大、労働者や農民の収入増が可能になったのです。このような戦後民主改革の経済効果が、世界でもまれな高度経済成長を達成することができた大きな要因だったのです。
 しかし、同時に指摘しなければならないのは、このような条件は基礎的なものにすぎなかったということです。それを実際に収入増に結びつけるためには、もう一つの条件が必要でした。それは、経済成長の成果を労働者に分配させるための闘いであり、一九五五年から始まった春闘です。
 春闘は、太田薫総評副議長の提唱による五単産共闘・八単産共闘から始まり、その後、総評全体の運動へと拡大します。やがて、同盟も賃闘という形でこれに合流しました。経済成長の果実をもぎ取るためには、労働者自身の運動が必要だったのです。そのためには、力を結集しなければなりません。その意味では、「暗い夜道もお手々つないで行けば怖くない」と言った太田副議長の言葉もまた、教訓的なものだったと言えるでしょう。
 しかし、このような春闘による賃上げも、第一次石油ショックまででした。これを契機に日経連のガイドラインによって賃上げは押さえ込まれ、一九七五年以降、急速に低下していきます。その後、経済成長は外需に頼らざるを得なくなり、そのために日米経済摩擦を引き起こし、日本バッシングや日本パッシングが生じました。アメリカからの圧力が強まり、新自由主義を押しつけられて経済破綻に追い込まれることなったのです。
 この戦後日本の経験は、外需依存だけではなく、堅調な内需に支えられた景気の回復こそが重要だということを、はっきりと示しているのではないでしょうか。そのためには、可処分所得を増やさなければなりません。景気回復による経済の立て直しが求められている今だからこそ賃上げが必要なのであり、それは日本経済復興のための国民的課題なのです。
 しかし、そのための原資はあるのでしょうか。経営者はよく、「無い袖は振れない」と言いますが、本当に「袖」はないのでしょうか。これが問題です。
 というのは、二〇〇九年の資本金一〇億円以上の大企業の内部留保は二四四兆円にもなり、手元資金が五二兆円も積みあがっているからです。二〇一〇年第3四半期の上場企業の連結決算は、前年同期比八〇%増で、半数が増収増益になっています。
 新聞でも、二〇一〇年について「日本企業の上期の売上高営業利益率は五・六%に跳ね上がり、バブル経済崩壊後で最大の改善幅(二・八ポイント)となった。利益率自体も〇七年上期の五・八%に迫る最高水準だ」(『日本経済新聞』二〇一〇年一一月二一日付)と報じています。「袖」はある、ということでしょう。ですから、振ることもできるはずです。
(以下、下に続く)


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 7

谷本篤史

>政策を変え、日本の進路を変更して、前に進むためではなかったのでしょうか。その期待と希望を託された民主党です。これほどの裏切りを、いったい誰が予想できたでしょうか。菅首相はとっととその座を去り、もう一度、頭を丸めて贖罪のお遍路にでも出かけるべきでしょう。

大丈夫、もうじきそうなります
そして旅に病み遍路の土と化すのはそう遠い未来ではありません。
私は予想する!奸な男は2011年夏までに遍路に戻り、2012年暮れまでに遍路の土となることを!
by 谷本篤史 (2011-02-03 11:47) 

トリーバーチ 財布

トリーバーチ(Tory Burch)正規品の激安販売店舗,トリーバーチ 財布,靴 最高60パーセントオフ
トリーバーチ,tory burch,トリーバーチ 靴,トリーバーチ バッグ,トリーバーチ 財布,トリーバーチ フラット シューズ,トリーバーチ ハイヒール シューズ,トリーバーチ ウェッジ シューズ,トリーバーチ,フラット スリッパー,トリーバーチ ウェッジスリッパー,トリーバーチ サンダル,トリーバーチ トートバッグ,トリーバーチ パソコンバッグ,トリーバーチ 肩掛けバック,トリーバーチ ハントバッグ
から来る:http://www.tory-burch.ne.jp
http://www.tory-burch.ne.jp/category-6-b0.html

by トリーバーチ 財布 (2011-08-12 03:47) 

ugg

【UGG送料無料】セレクト人気品質NO1ugg/アグ ブーツは当方のugg 通販 店舗です-ugg ブーツ 激安!ugg アグ ムートンブーツを販売専門店舗として、厳選されシープスキンを使用ため、 品質がご安心して、その上価格が激安、気楽にショッピングしてください。
から来る:http://www.uggboots-jp.jp

by ugg (2011-08-12 03:48) 

モンクレール

アバクロ http://www.abercrombie.ne.jp
モンクレール http://www.moncler.ne.jp
モンクレール http://www.monclersales.jp
ugg http://www.agushop.com
エドハーディー http://www.edhardyshop.jp
レディース 靴 http://www.lakuho.com
ミュウミュウ http://www.miumiu.ne.jp
ティファニー http://www.tiffanyshop.jp
iPhone 4 ケース http://www.iphone-cases-sale.com
iPhone 4 ケース http://www.iphonecases.jp
アバクロ http://www.abakuro.jp
アバクロ http://www.abakuros.com
アバクロ http://www.abakurosale.com
アバクロ http://www.abakuroshop.com
アバクロ http://www.abercrombies.jp
UGG, トリーバーチ、クリスチャンルブタン http://www.brandfans.jp
エドハーディー http://www.ed-hardy.jp
モンクレール http://www.moncler007.com
モンクレール http://www.monclershop.jp
モンクレール http://www.monclerstore.jp
モンクレール http://www.monkureru.com
モンクレール http://www.monkureru.info
モンクレール http://www.monkureru.org
モンクレール http://www.replicafans.com
モンクレール http://www.monclersale.jp
アバクロ http://www.abercrombieclub.com
レディース 靴 http://store.shopping.yahoo.co.jp/lakuho-sp/index.html
レディース 靴 http://storeuser10.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/lakuho999
Paul Smith http://www.paulsmithmart.com
iphone 4 cases http://www.iphone-cases-shop.com
iphone 4 cases http://www.casesonsale.com
Links of London http://www.linksoflondonbox.com
ugg http://www.ugg-emu.com
Abercrombie and Fitch http://www.abercrombiemart.com
Ed Hardy http://www.edhardyeshop.com
ugg http://www.monclershop.jp/ugg.html
クロックス http://www.crocsmart.com

by モンクレール (2011-08-24 14:31) 

replica watches

 一〇年秋の臨時国会が始まるとき、菅首相は事態を見くびっていたのかもしれません。「熟議国会」を提唱すれば、事態を打開できるかもしれないと。視線の先にあったのは、恐らく公明党だったでしょう。
by replica watches (2011-08-29 22:10) 

紅蜘蛛

威哥王:www.kanpocom.com/Pro/weigewang.html
巨人倍増:www.kanpocom.com/pro/jurenbeiceng.html
花痴:www.kanpocom.com/Pro/huachi.html
三便宝:www.kanpocom.com/pro/satibo-capsules5.html
紅蜘蛛:www.kanpocom.com/Pro/hong-zhi-zhu.html

精力剤:www.kanpocom.com/jingliji/
媚薬:www.kanpocom.com/meiyao/nxmeiyao.html
RU486:www.kanpocom.com/pro/beijing-ru486.html
中絶薬:www.kanpocom.com/zhongjue/
曲美:www.kanpocom.com/pro/qumei.html
五便宝:www.kanpocom.com/Pro/wodibo-capsules.html
Wenickman:www.kanpocom.com/Pro/WENICKMAN.html
三體牛鞭:www.kanpocom.com/Pro/stlb.html
天天素:www.kanpocom.com/pro/tiantiansu.html
悍神:www.kanpocom.com/Pro/hanshen.html
蟻力神:www.kanpocom.com/pro/yilishen.html
男宝:www.kanpocom.com/Pro/nanbao5.html
避妊薬:www.kanpocom.com/pro/yueke.html
漢方精力剤:www.kanpocom.com/jingliji/shejing.html
漢方ダイエット:www.kanpocom.com/jianfei/hfjianfei.html


精力剤:www.kanpoucom.com/energy/
威哥王:www.kanpoucom.com/product/96.html
紅蜘蛛:www.kanpoucom.com/product/311.html
巨人倍増:www.kanpoucom.com/product/138.html
三便宝:www.kanpoucom.com/product/150.html
花痴:www.kanpoucom.com/product/312.html
RU486:www.kanpoucom.com/product/113.html
三鞭粒:www.kanpoucom.com/product/449.html
九鞭粒:www.kanpoucom.com/product/436.html
天天素:www.kanpoucom.com/product/58.html
催情剤:www.kanpoucom.com/jyosei/
漢方精力剤:www.kanpoucom.com/energy/
狼1号:www.kanpoucom.com/product/330.html
蟻力神:www.kanpoucom.com/product/132.html
狼一号:www.kanpoucom.com/product/330.html
三体牛鞭:www.kanpoucom.com/product/331.html
女性用媚薬:www.kanpoucom.com/jyosei/


精力剤:www.kanpoudonya.com/Energy.html
媚薬:www.kanpoudonya.com/Charming-medicine.html
威哥王:www.kanpoudonya.com/Product/55.html
巨人倍増:www.kanpoudonya.com/Product/12.html
紅蜘蛛:www.kanpoudonya.com/Product/288.html
花痴:www.kanpoudonya.com/Product/393.html
三便宝:www.kanpoudonya.com/Product/350.html
RU486:www.kanpoudonya.com/Product/409.html
男宝:www.kanpoudonya.com/Product/75.html
Wenickman:www.kanpoudonya.com/Product/30.html
女性用媚薬:www.kanpoudonya.com/Charming-medicine.html
天天素:www.kanpoudonya.com/Product/17.html
中絶薬:www.kanpoudonya.com/Avoid-pregnanting.html
曲美:www.kanpoudonya.com/Product/189.html
蟻力神:www.kanpoudonya.com/Product/398.html
五便宝:www.kanpoudonya.com/Product/41.html
福源春:www.kanpoudonya.com/Product/37.html
男根増長素:www.kanpoudonya.com/Product/464.html
三體牛鞭:www.kanpoudonya.com/Product/412.html
by 紅蜘蛛 (2013-01-21 15:51) 

三體牛鞭

花痴:www.xxkanpo.com/product/287.html
精力剤:www.xxkanpo.com/Energy/Energy.html
紅蜘蛛:www.xxkanpo.com/product/43.html
三便宝:www.xxkanpo.com/product/349.html
巨人倍増:www.xxkanpo.com/product/38.html

威哥王:www.xxkanpo.com/product/440.html
蟻力神:www.xxkanpo.com/product/23.html
ru486:www.xxkanpo.com/Avoid/Avoid-pregnanting.html
三體牛鞭:www.xxkanpo.com/product/411.html
狼1号:www.xxkanpo.com/product/62.html
五便宝:www.xxkanpo.com/product/41.html
花之欲:www.xxkanpo.com/product/291.html
女性用媚薬:www.xxkanpo.com/Charming/Charming-medicine.html
D10 媚薬:www.xxkanpo.com/product/366.html
天天素:www.xxkanpo.com/product/17.html
中絶薬:www.xxkanpo.com/product/15.html
男宝:www.xxkanpo.com/product/75.html
福源春:www.xxkanpo.com/product/36.html
VVK:www.xxkanpo.com/product/30.html
媚薬:www.xxkanpo.com/


巨人倍増:www.chinakanpo.com/product/jrbz.html
威哥王:www.chinakanpo.com/product/weigwang.html
三便宝:www.chinakanpo.com/product/sanbianbao.html
精力剤:www.chinakanpo.com/catalog/1.html
中絶薬:www.chinakanpo.com/catalog/25.html
花痴:www.chinakanpo.com/product/huachi.html
三體牛鞭:www.chinakanpo.com/product/stnb.html
三鞭粒:www.chinakanpo.com/product/wgwsbl.html
曲美:www.chinakanpo.com/product/qumei.html
紅蜘蛛:www.chinakanpo.com/product/hongzhizhu.html
五便宝:www.chinakanpo.com/product/wubianbao.html
蟻力神:www.chinakanpo.com/product/yilishen.html
女性用媚薬:www.chinakanpo.com/catalog/60.html
福源春:www.chinakanpo.com/product/fyc.html
催情剤:www.chinakanpo.com/catalog/63.html
天天素:www.chinakanpo.com/product/tts.html
RU486:www.chinakanpo.com/product/zjyrubjzz.html
WENICKMAN:www.chinakanpo.com/product/wenick.html


巨人倍増:www.巨人倍増.net
三便宝:www.三便宝.com
三便宝:www.三便宝.net
花痴:www.花痴.net

威哥王:www.威哥王通販.com
イカオウ:www.威哥王通販.com
ウェイカワン:www.威哥王通販.com

威哥王:www.威哥王通販.net
イカオウ:www.威哥王通販.net
ウェイカワン:www.威哥王通販.net

紅蜘蛛:www.紅蜘蛛通販.net
紅蜘蛛:www.紅蜘蛛通販.com
曲美:www.曲美通販.com
狼一号:www.狼一号.com

中絶薬:www.中絶薬.com
媚薬:www.女性用媚薬.com
by 三體牛鞭 (2013-01-21 16:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0