So-net無料ブログ作成

6月20日(日) 参院選で候補者を見分けるための4つの問い [参院選]

 参院選が近づいてきました。皆、似通ったようなことを言っているように見えるかもしれません。
 各政党や候補者を見分ける良い方法があります。それをお教えしましょう。

 第1に「政治とカネ」の問題では、「企業・団体献金の継続」に賛成するか反対するかを問うことです。
 第2に、「普天間基地移設」の問題では、現行案ないしはその修正案を打ち出している「日米合意」に賛成するか反対するかを問うことです。
 第3に、「税制改革」や「財源」の問題では、「消費税の増税」に賛成するか反対するかを問うことです。
 第4に、「規制改革」の問題では、小泉さんが押し進めたような「構造改革」に賛成するか反対するかを問うことです。

 以上の4つの問いが、さし当たり、今度の参院選での大きな争点であり、政党や候補者を見分けるリトマス試験紙になります。この問いに、それぞれの政党や候補者がどのような態度を取っているかを、選挙で選ぶ際の参考にすれば良いでしょう。
 もし、その一つにでも「反対」だと答えれば、それを覚えておきましょう。選挙後の国会審議での有効な「ブレーキ」になりますから……。

 これから、テレビや新聞などで政党の代表や候補者間での討論などが行われることになるでしょう。司会者の方には、是非、これらの問いを投げ掛けていただきたいと思います。
 街頭の対話集会などでも、質問できる機会があるかもしれません。候補者に、是非、この4つの問いをぶつけてください。
 演説会などでも同様です。質問できるチャンスがあれば、4つの問いへの「イエス」か「ノー」かを質したら良いでしょう。

 その結果、どうするかって? それは、皆さんがご自身で決めればよいことです。
 少なくとも私なら、この4つの問いの1つにでも「イエス」と答えた候補者には投票しませんけど……。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 1